ゴミ屋敷所有者の氏名公表へ

全国で初めてゴミ屋敷所有者の氏名が公表された。
福島県郡山市には、自宅の敷地にゴミをためこんだゴミ屋敷が4軒ある。市はこの4軒の所有者である平野昭太郎氏の名前を公表し、ゴミの撤去を求めたという。
市の審議会は「行政代執行はやむを得ない」と市に伝えた。
市は、所有者にゴミを強制的に撤去する行政代執行前の最終通告を行い、2週間以内に改善されない場合は行政代執行に踏み切るという。
ゴミ屋敷の問題といえば、衛生面とゴミのにおいだという。特に夏場のにおいは酷いものらしく、付近の住民は外に洗濯物を干したり、窓をあけることもできない。室内にもにおいがはいってきたり、家具ににおいが染み付いてしまうのだそうだ。また、生ごみがあると、カラスや野良猫が寄ってきて、新たな悩みの種となる。そのほかにも放火犯に狙われやすい、地震などで崩れて危険など、とにかく問題点が多い。一刻も早く撤去してほしいものだ。