エマーソン・フィッティパルディ

彼のロータスでの最初のフルタイム参戦となった1971年は、ガスタービンエンジン車56Bの失敗や交通事故の後遺症もあって未勝利に終わり、ドライバーランキング6位であった。

1972年シーズンはJPSカラーに塗り替えられた72Dの熟成がすすみ、12レース中5勝を獲得。4勝のジャッキー・スチュワート(ティレル)を下してシリーズチャンピオンになった。

25歳273日でのワールドチャンピオンは当時の最年少記録であり、2005年にフェルナンド・アロンソ(24歳58日)が更新するまで、33年間も更新されることのなかった大記録であった。母国のブラジルではこれを記念した記念切手が作られるなど、名実ともにブラジルの英雄となった。

1973年シーズンは初開催の地元ブラジルGPを制し、国民を熱狂させた。序盤戦は3勝と好調だったが、シーズン途中に登場した72Eに悩まされ、スチュワートに次ぐランキング2位に終わった。