二重らせん

DNA 二重らせん構造は、1953年、分子模型を構築する手法を用いてジェームズ・ワトソン(James Watson)とフランシス・クリック(Francis Crick)によって提唱された。当時、DNAが遺伝物質であることの証拠は既に発表されていた。例えば、アベリー(Oswald Avery)らによる肺炎双球菌の形質転換実験(1944年)やハーシー(Alfred Hershey)らによるブレンダー実験(いわゆるハーシーとチェイスの実験;1952年)からの証拠である。

しかし、複雑な遺伝情報を単純な物質である DNA が担っているという考えには批判も多く、タンパク質こそが遺伝物質であろうという意見も強かった。二重らせんモデルの提唱によって、遺伝がDNAの複製によって起こることや塩基配列が遺伝情報を担っていることが見事に説明できるようになり、その後の分子生物学の発展にも決定的な影響を与えた。1962年、この研究により、ワトソンとクリックはモーリス・ウィルキンス(Maurice Wilkins)とともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。