アンディ

アンディフグが罹った急性前骨髄球性白血病は、人口10万人辺り3-4人の年間発症率。

これだけ希少性のある病気になってしまった事は、不運の一言に尽きる。

もし生きていたら、その後K1第一世代の他のトップ選手と共に、どんな活躍を見せてくれただろう。

日本魂を持った、正に青い目の侍だった。