日野事件

1951年10月18日午前11時30分、滋賀県蒲生郡桜川村(現・東近江市)に、在日朝鮮統一民主戦線や祖国防衛隊のメンバーが集結し、自転車にスピーカーを取り付けて自転車デモを行おうとした。滋賀県公安条例の届出を出していない違法デモであった。

国家地方警察滋賀県本部蒲生東地区警察署では、これを制止しようとしたが、デモ隊は強行突破し、日野町内に侵入した。

デモ隊は日野郵便局(現在の近江日野郵便局)前で「朝鮮人強制送還反対」「軍事基地化反対」などの演説を行った。その間、周辺在住の朝鮮人が集まり、ピケを張ったりバリケードを作ったりした。

そして、警官隊に向かって投石したり、棍棒で襲い掛かったり、拳銃を奪ったりしたため、公務執行妨害罪で20人を検挙した。