五輪エンブレム見直し、国民の意見、ネットとはがきで募集

2020年に開催される、東京五輪・パラリンピック。
東京五輪・パラリンピックの組織委員会「エンブレム委員会」は2月9日、第10回会合を開きました。
第10回会合で、最終審査では国民の意見を反映させるため、インターネットに加えて、はがきでも意見を募集することを決めました。
エンブレム委の宮田亮平委員長によりますと、現在、最終候補4作品は商標調査中のこと。
出願手続きをした上、組織委のホームページなどで公開をする予定になってます。
ネットを利用しない人からもきちんと意見を受け付けられるように、はがきでも応募できるようにするといいます。
アンケート形式にするのか、自由記述にするか意見の集約方法などはまだ未定とのこと。
最終審査の方法については引き続き、次回の会合で議論することになりそうです。
宮田委員長は、同大会のビジョンやキーワードとの結びつきを意識してもらえるように工夫をしたい。
単なる人気投票にならないような仕組みを考えたいと述べました。