おたふく風邪が全国的に流行の兆し

おたふく風邪が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが。国立感染症研究所のまとめで分かったそうだ。
まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所あたり1.2人となったという。1か所中1.0人を超えるのは2011年7月以来だという。1か所あたりの患者数が多い都道府県は、佐賀、宮崎、石川で、各県とも流行注意報を発令したとのこと。
おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0.1~1%の確率で難聴になるという。
感染研究感染症疫学センターの砂川第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。
たかがおたふく風邪と侮ると合併症を引き起こして重症化する危険性もある。ワクチン接種でしっかりと予防することが大切だ。