ミハイル・ゴルバチョフ

ソビエト連邦の政治家で、8代目にして同国最後の最高指導者。1985年3月にソビエト連邦共産党書記長に就任し、ソ連国内では東欧の社会主義諸国民主化のきっかけとなったペレストロイカとグラスノスチ等の大改革を断行し、政治・経済・文化など多岐にわたる分野で合理化・民主化を推し進めた。しかし、ソ連国内の噴出する民族主義を抑えることができず、保守派と改革派に国内の政治勢力が分立する中、1991年の「ソ連8月クーデター」を招来、新連邦条約締結に失敗した。結果として、ソ連共産党の一党独裁体制とソ連邦そのもの終結・崩壊へと導くこととなった。