ルーメローニ

1993年のMLBドラフト10巡目でボストン・レッドソックスに指名され契約。

1998年、メジャー初昇格。なお、1994年8月から1995年4月にかけてMLB史上最長のストライキが実施された影響で、1995年のスプリングトレーニングにはオーナー側の命令で代替選手として参加していたためにスト破りを行った報復措置としてメジャー昇格後も選手会への加入を認められなかった。

2000年、権藤博監督率いる横浜ベイスターズに入団。二塁、三塁、遊撃を守れるユーティリティープレイヤーとして期待されたが、ロバート・ローズ、進藤達哉、石井琢朗ら強力な内野陣に加え、金城龍彦(当時は内野手登録)の台頭もあり、自身の打撃不振によりレギュラー定着もならないまま7月21日にウェーバー公示された。同年シーズン中に古巣のボストン・レッドソックスでメジャー復帰。

エマーソン・フィッティパルディ

彼のロータスでの最初のフルタイム参戦となった1971年は、ガスタービンエンジン車56Bの失敗や交通事故の後遺症もあって未勝利に終わり、ドライバーランキング6位であった。

1972年シーズンはJPSカラーに塗り替えられた72Dの熟成がすすみ、12レース中5勝を獲得。4勝のジャッキー・スチュワート(ティレル)を下してシリーズチャンピオンになった。

25歳273日でのワールドチャンピオンは当時の最年少記録であり、2005年にフェルナンド・アロンソ(24歳58日)が更新するまで、33年間も更新されることのなかった大記録であった。母国のブラジルではこれを記念した記念切手が作られるなど、名実ともにブラジルの英雄となった。

1973年シーズンは初開催の地元ブラジルGPを制し、国民を熱狂させた。序盤戦は3勝と好調だったが、シーズン途中に登場した72Eに悩まされ、スチュワートに次ぐランキング2位に終わった。

騎士道

騎士たる者が従うべきとされたものだが、決して現実の騎士の行動が常に騎士道に適っていたわけではない。むしろ(ブルフィンチなどが指摘するように)剣等の武器、鎧を独占する荘園領主などの支配層は、しばしば逆の行動、つまり裏切り、貪欲、略奪、強姦、残虐行為などを行うことを常としていた。

だからこそ彼らの暴力を抑止するため、倫理規範、無私の勇気、優しさ、慈悲の心といったものを「騎士道」という形で生み出したとも言える。通常の騎士であれば遵守することは難しく、騎士道に従って行動する騎士は周囲から賞賛され、騎士もそれを栄誉と考えた。

名古屋駅の乗り入れ

JR東海の駅は、東海道新幹線と、在来線の東海道本線・中央本線・関西本線が乗り入れている。このうち在来線における当駅の所属線は東海道本線である。

中央本線は当駅が終点であり、関西本線は当駅が起点となっている。

このほか、東海道本線経由で武豊線に直通する列車や、高山本線・北陸本線・紀勢本線方面へ直通する特急列車も当駅を発着している。なお、先に挙げた在来線の3路線については、いずれもJR貨物が第二種鉄道事業者免許を有している。JRの特定都区市内制度における「名古屋市内」の駅であり、運賃計算の中心駅となる。

日本郵船

2006年(平成18年)2月に、マースクライン社が世界第3位の業界シェアを占めるオランダの海運会社P&ONedlloyd 社と合併し世界最大手になったため、NYKは連結売上高で世界2位になった。国内以上に海外での知名度が高く、日本海運の代表と呼ばれる所以である。

戦後の株式特定銘柄5社の1つ。

「郵便汽船三菱会社」(日本郵船の前身:国有会社であった日本国郵便蒸気船会社と三菱商会が合併して設立)は、アメリカやイギリスの名門海運会社に握られていた日本の航海自主権を、政府の援助や三菱銅山の利益を元に、激しい値下げ競争を行うことで手に入れた。

二重らせん

DNA 二重らせん構造は、1953年、分子模型を構築する手法を用いてジェームズ・ワトソン(James Watson)とフランシス・クリック(Francis Crick)によって提唱された。当時、DNAが遺伝物質であることの証拠は既に発表されていた。例えば、アベリー(Oswald Avery)らによる肺炎双球菌の形質転換実験(1944年)やハーシー(Alfred Hershey)らによるブレンダー実験(いわゆるハーシーとチェイスの実験;1952年)からの証拠である。

しかし、複雑な遺伝情報を単純な物質である DNA が担っているという考えには批判も多く、タンパク質こそが遺伝物質であろうという意見も強かった。二重らせんモデルの提唱によって、遺伝がDNAの複製によって起こることや塩基配列が遺伝情報を担っていることが見事に説明できるようになり、その後の分子生物学の発展にも決定的な影響を与えた。1962年、この研究により、ワトソンとクリックはモーリス・ウィルキンス(Maurice Wilkins)とともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

エトナ火山

エトナ火山は、世界で最も活動的な火山の一つであり、殆ど常に噴火している。時には大きな噴火を起こすこともあるが、特別に危険な火山とは見なされておらず、数千人が斜面とふもとに住む。肥えた火山性土壌は農業に適し、ふもとには葡萄園や果樹園が広がる。

エトナ火山の活動は、約50万年前から開始されている。活動開始時点では、海底火山であったと考えられている。

日本改造法案大綱

1883年(明治16年)、新潟県佐渡郡両津湊町(現:佐渡市両津湊)の酒造業の家の長男として生まれた北は、弟の北昤吉が早稲田大学に入学すると、その後を追うように上京、早稲田大学の聴講生となり社会主義を研究して、1906年(明治39年)、処女作『国体論及び純正社会主義』(『國體論及び純正社會主義』)を著し、また中国の問題についてはアジア主義を主張した。

しかし当時の日本の国家政策はアジア解放の理念を損なっていると認識して北は具体的な解決策を構想し、日本政治を改革するために1919年(大正8年)に40日の断食を経て『国家改造案原理大綱』を発表した。これが1923年(大正12年)に加筆修正されて『日本改造法案大綱』に改題されたのが本書である。北は本書を書いた目的と心境について、「左翼的革命に対抗して右翼的国家主義的国家改造をやることが必要であると考へ、」と述べている。

この著作は第1章(正確には「巻一」、以下同様)の『国民ノ天皇』、第2章の『私有財産限度』、第3章の『土地処分三則』、第4章の『大資本ノ国家統一』、第5章の『労働者ノ権利』、第6章の『国民ノ生活権利』、第7章の『朝鮮其他現在及ビ将来ノ領土ノ改造方針』、第8章の『国家ノ権利』、以上の8章から構成されている。

富士急行

1926年9月18日に、富士山麓電気鉄道(ふじさんろくでんきてつどう)として設立され、1960年5月30日に、現在の富士急行に改称した。

鉄道・自動車(バス)などの運輸事業を創始とする企業であるが、現在、売り上げに占める鉄道事業の割合は5%程度で、自動車事業を合わせても2割程度に過ぎない。沿線の豊富な観光資源を背景にした遊園地、ゴルフ場等の観光事業の割合が約7割を占めている。

2007年3月18日に、バス事業でPASMOを導入した。

大行天皇

大行は「大いなる行い」を意味し、ここでは死去した天皇への顕彰を表す語として用いられている。また、「逝きて帰らぬ天皇」の意味があるともいわれている。

明治時代に一世一元の詔により定められ、昭和時代に元号法によって法定された一世一元の制に基づけば、天皇在位中の元号をもって追号とされることが通例である。ただ、追号が贈られるのは大喪の礼に先立って行われる追号奉告の儀を執り行ってからである。そのため、『大行天皇』の称号は、追号奉告の儀以前の段階に於いて用いられる。使用例としては、崩御した前天皇の名を官報に掲載する場合や、新天皇の御誄(おんるい、弔辞)などがある。

各宗教団体の機関紙などでは「大行天皇の追悼法要営まれる」などと掲載されている。例えば、仏教教団において位牌をたてる場合などには、追号が贈られるまでは白木や紙で仮の位牌を立てたりして法要を営む場合もある。